Home  > Archive > 2005/07

Archive list

2005/07Archive list

スポンサーサイト

--/--/--/(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

さぼりまくりすてぃー

2005/07/31/(Sun) 01:30

というわけで、とりあえずはじめたブログは一月坊主でした。残念。


持って1週間という超飽き性な私からしてみれば、かなり頑張った方ではあるのですよ!それでも!


とまぁ、言い訳しても始まらないのでこのあたりでやめておく事にしまして。


それでは、Alteilのお話。

Alteil Storyのびびさんが、面白い提案をされています。


その提案は「気兼ねなく本気で勝負をするため、高レベルの人はクレストサーバーのフリーアリーナに集まってみませんか?」といったものです。

詳しくは原文へのリンクを張っておきますので、そちらを一読ください。


「AlteilStory:思うことあれこれ、あと高Lv者に提案アリ。」


高レベル同士、対戦しやすい環境が構築できればファイル構築はもちろんの事、ゲームをより楽しく遊ぶ事も今までより容易になるので、ぜひとも定着してほしいと思いますね。


ではでは、いきなり長文を書いてしまうと凄まじい勢いで文章が破綻しそうなので今回はこのあたりで失礼ということで。
スポンサーサイト

Category:Alteil

comment(2trackback(1

七方塞がりの状況で更に道を塞ぐ

2005/07/15/(Fri) 22:10

えーとそんなわけで、出来るだけ更新はしたいのですがアルテイルのネタを探すのがめんどくさいとか、マビノギはG2まで凍結中だとか、パンヤはSS取ろうとすると「やったー」だわでなかなか更新できません。


ただこうしてエントリー画面を開いた以上、何か更新したいわけで…。


今思いついたおそらくまだやっていないであろう「修正しないとやばいかもしれないカードまとめ」でもやってみる事に。


私はもともと対策があれば別にかまわないタイプなのですが、今回はそういう企画なのでいつもより「やばい」のハードル下げます(私の場合ハードルを下げないと青年と聖なる盾・各種除去SSぐらいしか入ってこないので。)


あ、それと例によって私の主観なので鵜呑みにしない方がいいかもしれませんと先に言っておきます…、と逃げ道確保。

続きを読む

Category:Alteil

comment(2trackback(0

えーと

2005/07/13/(Wed) 07:35

昨日はハンゲームの方から人がたくさん来てたわけですが…。


ログインは出来たものの、いつもとは比較にならない負荷がかかっていたのかファイルすら組めない状況で、どうにもこうにも身動きがとれず。


オープン直後や、ベータ時のショップの重さを考えればこの状況は妥当だとは思うのですが、数回似たような状況になった事があるだけに、この結果にはちょっとがっかり。

Category:Alteil

comment(2trackback(0

プレイングについてあれこれ

2005/07/09/(Sat) 22:45

スレッドテーマが消えていたので新たに作り直し。


ある程度投稿されているテーマが消えてしまうって言うのは、これちょっと問題なんじゃないかなぁ。


と、その辺の事はまぁおいておいて、今回は久しぶりにアルテイルのお話。


さすがにカードが揃ってないと話にならないこのゲームですが、上位ランカーを相手にする場合は両者ともある程度カードがそろっている、つまり資産的にほぼ同じ土俵に立っているわけで、プレイング次第で勝率に大きな差がつきます。


特に同種デッキの場合、どういったタイミングでバッティングさせるか、どのネームドを優先して出すか、が非常に重要になってきます。


基本的には場数が物を言う世界ですが、感覚だけに頼らず、少しでも自分なりにまとめてみるだけでもかなり違うと思います。

続きを読む

Category:Alteil

comment(0trackback(0

ヒーラーへの道

2005/07/07/(Thu) 02:18

mabinogiの戦闘は、スマッシュやウィンドミルなどのスキルランクアップにより攻撃力を上げて敵を瞬殺し、時間単位の効率を上げていくのがセオリーになっています。


中級Dなどではその傾向(火力特化)がさらに顕著になります。

中級Dは1vs1属性を持った敵はほとんど存在せず、一コンボもらったら死亡、というこのゲームで、さらに「多対一」と言う条件が重なり、難易度が跳ね上がっています。

そこでその難易度上昇の一番大きな原因である「多対一」の状況を打破する上で、「敵を一撃で倒せる火力」は敵の数を減らす上でもこの上ない武器になるわけですね。


そんなこんなでmabinogiでは火力特化型の戦士が主流になっているわけで、私も生き残るために仕方なくその道に…


行っている訳も無くですね。


私は生き残るためのもう一つの術、「耐久特化」に生きる事にしました。

中級などでは敵の攻撃力は抑えめで、ヒーラーエンチャントによるHP上昇効果も存分に発揮できます(普段はウィンドミルの消耗を増やすだけでしかないのですが、やはりこういった場所で死なない方が重要と判断しました)


「熊以外」であれば、どうやら重鎧の能力とディフェンスランクアップによる基本防御の上昇だけで被ダメージを極限まで抑えられるようなので、まず死ななくなる算段です。


ですが、正直それだけではつまらないので(高HP+高DEFの人なんていくらでも居るので。多分)、何か他人と違うことを…と考えてみたところヒーリングスキルが急浮上してきました。


何しろこのスキル、効果が微妙な割に「ランクアップに莫大なAP」を必要とするので、Bまでならまだしも6まであげる人は居ないだろうと。


人にヒールをかけて異常に回復してるのが驚かれるのもまた面白いので、迷わずこのスキルを上げる事にしました。

続きを読む

Category:mabinogi

comment(0trackback(0

べるてん

2005/07/06/(Wed) 00:05

マビノギは月曜~日曜、その曜日ごとに特殊な効果が現れるようになっています。


たとえば水曜日は各種ポーションの効果が大きくなったり、金曜ならNPCの販売するアイテムの価格が5%OFFになって、ちょっとお得になります。


で、今日は火曜日。

火曜日はベルテンといって、ダンジョンでのアイテム出現率が大幅にアップする素敵な日です。


もちろん、ダンジョン内であれば各種魔符のドロップ率も上昇しますから、皆ここぞとばかりにラビ下級とかに潜っちゃうわけですよ!(ラビ下級に出る鎧スケルトンは魔符のドロップ率がもともと高く、そこにさらに曜日効果が加算されるのですごくおいしく。)


で、私も運良くキア下級ループ中にラビ下級を入手したのでホクホク顔でラビ下級に突入。

いや、ホントにここ火曜日に入ると魔符の換金だけで4万とか堅いんですよ!


というわけでサクサク攻略ヽ('ω')ノこれで貧乏ともちょっとだけおさらばです。

続きを読む

Category:mabinogi

comment(0trackback(0

ちゃぶ台返し

2005/07/04/(Mon) 01:19

うーん、この前ファルカウ行けそうと書いてみたものの、煮詰めれば煮詰めるほど先がなくなっていく印象。


返却が強い事は強いのですが、そもそも返却がきかないユニット(ノワールとか)、返却の効果が薄いユニット(青年とか)を軸にされるとどうしても辛く。

特にゴウエンなんかを相手にすると、ユニットのATAGIが足りなさ過ぎてて、いくらがんばっても勝てない印象。


主力ユニットのAGIが練達・魔楽器どちらにも素で引っかかってしまう3のユニットが多いと言うのもかなり足を引っ張ってます。


で、ユニットで叩いて勝てないとなると、ここはやはり魔法王国の魔法騎士の耐久力とグリモアペインを利用して時間を稼ぎ、ヴォンドラームやレグライを登場させてロックを完成気味に仕掛けるのがファルカウらしい戦い方なのかな…と思ったり。

ただ、仕掛けた瞬間相手の除去によってこれらのユニットがどこかへ消えてしまうので、相当な保険をかけないとまともに戦えない雰囲気があります。

だからといって、時間を稼ぎすぎるとジュッズヴァーが出てきてしまったり、そもそもバルティアや堕落みたいな超安定カードで魔法騎士が壁としての機能を完全に失ってしまうために、すごく微妙。


大嵐と返却の制圧力に任せて、相手のLPをどんどん削っていって魂削りの女剣士・・・という手段もありだとは思うのですが、相手がLP3カードを一枚でも仕込んでいるとそれだけで厳しい上、ヴァッサー回避のためにトカゲなどが出てきた時点で負けが確定してしまうので、やはりこれも不安定。


だからといってルビアなどで速攻をかけても除去の餌食になるのみで今までのどの案よりも駄目っぽい。


イベールの火力に期待したいところではありますが…はてさて。

続きを読む

Category:Alteil

comment(0trackback(0

EXカードが出るそうで

2005/07/01/(Fri) 21:44

こんばんは、芝草です。


と、本題の前にジュッズヴァーに対しての事なんですが…。

ジュッズヴァーデッキに「星の怒り+絶対障壁」「罰の穴+堕落」や、「魂の帰還やアティラ・ヴォルフィードSSなどのファイルバック」「SP供給SS」などの対策をしていないデッキで突っ込むのは、除去なしで飛空兵団+リビングデッドのデッキに突っ込むようなものです。
(前も記述した気がしますが、リビングがおかしいとあまり言われないのは除去SSというものがあらゆるデッキのスタンダードになっているからです。要は誰もが意識しなくても対策できてしまっているので、おかしく見えないわけなんですね。関係ないですけど。)


ジュッズヴァーは確かに効果も派手で、間違いなく強い部類に入るカードなのですが、あのデメリットの無いオープンスキルと高いATが無ければ倉庫の肥やしに戻ってしまうだけなので、弱体化は避けて欲しいですね。


脱線終わり。で、本題です。


EXカード第2弾が発売になりましたね。
例によって限定(らしい)ので、買う人は忘れないように9月までに買いましょう。


今回はチラッとEXカードのスペックを見た感想です。


スペックは公式のデータから持ってくるので、公式のデータが間違ってた時は知らない(笑。

続きを読む

Category:Alteil

comment(2trackback(0


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。