Home  > Archive > 2005/09

Archive list

2005/09Archive list

スポンサーサイト

--/--/--/(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

ストーリーパック発表

2005/09/20/(Tue) 21:34

※9/22修正

というわけで、いつも通りばっさばっさと。

今回は前回、前々回の反省を踏まえてかパック全体がEXカードで構成されているので、価格は1パック400グランですが、それほど割高感は感じなくなっていますね。

それでもまぁ、まだ高いとは思うのですが…しっかり使えないカードが混じっていますし。

とりあえず、いきなり音出すのはやめた方がいいと思います。

ではでは続きにカード評価を。

続きを読む

スポンサーサイト

Category:Alteil

comment(2trackback(0

グランプレゼントシステム:2

2005/09/18/(Sun) 20:57

がめさんのブログでもこの件に触れられたようですので、是非ご一読ください。

がめのアルテイルはこうすれ!: グランプレゼントについて

がめさんは私とは真逆の視点で、非常にポジティブに今回のイベントを捉えて居るようです。
私の記事と見比べてみると、面白いのではないかと。


続きを読む

Category:Alteil

comment(14trackback(0

グランプレゼントシステム

2005/09/17/(Sat) 23:01

皆さん御存知だとは思いますが、アルテイル公式サイトにてこのような告知が行われました。

同時接続者数増加はどうでも良いとして、注目はグランプレゼントキャンペーンなわけですが…

続きを読む

Category:Alteil

comment(3trackback(0

ちょっと様子見。

2005/09/11/(Sun) 21:21

毒ばっかり。ていうかもはや暴言なので続きへ隠蔽。



※お知らせ
全体除去復活反対派の意見が「ゲームが壊れる」とか「持ってる人だけ勝ちまくれる」「強すぎ」とか、結構抽象的な事しか言ってないのでそれに対する反論のつもりで始めた「全体除去について自分の考えをまとめてみる」のコーナーですが、開発側の今後の方向性が今回のパラメータ変更で少し見えたので、更新は無期限延期ということで。
今後全体除去の復活の望みが少しでも見えれば、色々と利点や欠点、全体除去に対する単体除去の有効性や単体除去と全体除去の特性や違い、全体除去が存在した場合の各ソウルスキルの修正案とか語るかもしれません。

続きを読む

Category:Alteil

comment(8trackback(0

精霊ファイル

2005/09/07/(Wed) 04:07

いやいや、修正後に初めてメインファイルにしたのですが簡単な割りに鬼のように強いですね、精霊ロックファイル。

とりあえず作るのに3分かかってないのでファイル公開してみたり。

精霊ファイル

プレイングは多分、他の精霊ファイルとそう違わないので割愛。
参考までに、戦績は25勝2敗です。

全体ダメージで総崩れかと思ったのですが、思ったほど崩れないようで。
や、崩れないというよりは全体ダメージを食らった後のSSの発動で相手もろとも崩れてしまう…という感じでしょうか。

こちらは低レベルユニットが主なのでリカバリーが早く、一緒に崩れてしまえば有利取れることが多いんですね。参りました。

ただ、ヴァイスフォーゲルの存在でLv2展開とほぼ等速でLv3を展開してくるリフェス相手にはかなり苦しい戦いを強いられる感じ。

まぁ、一回も改修していないので要改良ってことで。

しかしまさか、これだけ楽に勝てるとは思いませんでした。
上級者に精霊ロック愛用者が多いのも分かる気がします…。

Category:Alteil

comment(0trackback(0

総括

2005/09/03/(Sat) 00:55

えーと、個人的に青年だけ修正しておけばよかったのでは?と思います。

なんにせよヴァッサーが酷過ぎ。
しかもレアリティが高いので思い切り資産ゲーになってます。

で、わざわざ細分化した高レベル除去用SSですが、安定してすべてのユニットから一体指定して抹殺できる暗殺が完全に上位互換なので必要なし。

ていうか、暗殺がなくても入れませんよこんなの…SP増強にSPまわして無理して無慈悲使った方がマシ。

相手によって効果があるかどうか分からない…というSSは効果を発揮できない相手とぶつかったときに非常に苦しい立場になってしまうわけで、安定した勝利というものから遠ざかってしまう。
そのため基本的にこの手のカードは駄目カードなんです。
さらにそこに「アクション終了」という条件まで追加されているものだから使えたものではありません…この事は、全体除去時代のアンナローゼや、リフェス全滅時代のバルティアの使用率を見れば分かると思います。


で、暗殺とヴァッサーって言う除去はかろうじて残ったわけなんですが…「1種類強力なものが残っていればSSはそれで全部埋まる」と言う事をもう忘れたのでしょうか?

全体除去消滅のときに学習してほしかったですが…。

大体、除去を修正して種類を減らすにしても、残す除去は皆が使えるコモンカードにすべき。
ヴァッサーのようにかなりお金を使っても手に入らない可能性があるカード限定で使用できるなんていうのは言語道断です。
資産ゲーは該当カードを持ってない人間からすれば理不尽で面白くない。

そういう意味では、魔楽器師や練達の魔導師はまだ良かったといえます。
ゲームで主流となっているスキルが皆使えるという意味では公平でしたから。

それに、魔楽器師や練達の魔導師は、対処法がないときの最悪の手段とはいえ「バッティング」で対抗出来ました。
しかし今回残った2種は完全に対処不可能です。
いや、まぁヴァッサーは大突風で回避できるといえば出来るのですが…旧時代のプロポジッションですら大突風で回避するのは至難の業でしたし、大体プロポジッションほど効果が大きくないので回避したところでそれほど有利になるわけでもなく。むしろファルカウ以外であれば大突風のSP4をユニットを出すことに費やした方がよっぽど良い訳ですし。

で、こっそりアティラSSやヴォルフィードSS、人魚魔術師SSも死んでいますね。
ファイルコンセプト自体を弱体化でどんどん削っていって、最終的にどこへ向かうつもりなのでしょうか。

Category:Alteil

comment(0trackback(0

というわけで修正です

2005/09/02/(Fri) 12:08

いやまぁ…これは流石に酷くないですか。
ヴァッサーに至っては強力になってるしなんじゃこりゃ。

ていうかこれだと死竜&ジュッズヴァー祭りですよ奥さん。どうすんだ。
こんなバランスだったらジュッズヴァーは別にオープンスキルいらない。むしろ撤廃しないと駄目すぎる。

よく見ると、まともな除去はヴァッサーと暗殺だけですねこれ。終わってる。
高レベル対策が軒並みアクション終了縛りなのは何かの嫌がらせですか?バッティングとか考えてますか?アクション終了グリモアのレアリティの考慮は?

イクサーアタックしなければ、オープンスキルでアクション終了にするしかないんですよ?

つーわけでSSで高レベルが実質除去できないので(いや暗殺あるけど)バルティア・ミスティア・堕落あたりを持ってないと負け組み確定ってどんなゲームですか。

うーん駄目だ。ファイルを組む気すらしません。組んでみれば意外と面白いのかもしれないですけど。

2chを見て人魚魔術師のSSが弱体化されたとの事なので見てみました…確かに2枚だ。
こういう修正欄に入ってない修正とか、修正カードに入ってるのに修正されてないとかやめてほしいですねホント。ややこしい。やるなら完璧にしてください。

こちらで告知の後、追記されたようです。

以前のミスティアのASのRNG制限だって、戦術の根幹にかかわることなのに告知無しでこっそり修正されましたし、カードゲームにおけるスキルテキストの言い回しとか、その変更の重要性をわかっているのか問い詰めたいです。

とりあえずヴァッサーが強烈になっているので精霊ロックを組んでみて、実戦に出ようとしたところで二重ログインの罠。
仕方ないので昼食でも摂ることに。

メール出して外出から帰還したものの二重ログインいまだ直らずorz事故ったのかしら

何もせずにボコボコに言っちゃったのを反省しての精霊ロック構築だったのですが、さすがにゲームできないと認識の変えようもなぁ(汗。

直してもらえた模様(′・ω・)

ちょっとやってみました。箇条書き。
・結局Lv3主流なのはかわらなさげ。
・ヴァッサーの強化でLv4は下手に出せない。
・てかヴァッサーない人は相当辛い戦いを強いられる。
・基本Lv3でSSに暗殺でも仕込んでおけば高レベルユニットは余裕で対処できる。
・Lv制限SSの高レベルを対象にしたものはゴミっぽい。そもそも出てくるか分からない上高レベルを出してこなかった相手には圧倒的に不利になるのでファイルには入れられない。しかもアクション終了が条件なので呪縛か大突風か呪の言葉必須。

Category:Alteil

comment(1trackback(0

全体除去について自分の考えをまとめてみる1

2005/09/02/(Fri) 00:53

さて、私は全体除去復活肯定派なのはこのblogを見てくれている方ならもう知っているかとは思いますが、今回は何故全体除去が必要と思っているのか、一度まとめてみたいと思います。

今までは他のエントリーで思い出したようにしか話題にしていなかったので、やる意味はあるはず。

ただ前々回の更新で少し触れてしまっているので何度か似た話が出てきていると思います…が、そのあたりは大目に見てください。

続きを読む

Category:Alteil

comment(0trackback(0


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。