Home  > Archive > 2006/05

Archive list

2006/05Archive list

スポンサーサイト

--/--/--/(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

残念賞

2006/05/31/(Wed) 21:20

なんだかんだでチマチマとやっていて、6弾の地味なカード(善意とかブラフマとか背後からの襲撃)が非常に面白く見えてきたので一箱買ってしまいました。

結果→orz

いやいや、よりにもよってアーノ3枚とか要りませんから。
ていうか当たりだらけの★4で何故そこへ集中するのか。
一箱+αで3枚揃ったのは運が良いと思うのですが、ぶっちゃけ要らない(´・ω・`)

★3もかつて無い外れっぷりというかばらけっぷり。
今までにこんなことはそんなに無かったような(汗。
(内訳:バスタンドーラ1・失恋1・カサンドラ2・背後からの襲撃1・ラドル1)
しかもここでも背後からの襲撃以外狙いが外れてるという素敵っぷり。
ミアンデルアとフェリアとミティーアをくださいorz

後、エキドウナが出てなかったりもしますね。

大竜帝が出たのだけが救いです・・・うう。

続きを読む

スポンサーサイト

Category:Alteil

comment(0trackback(0

姉さん、事件です

2006/05/26/(Fri) 21:10

アルテイル2006年カレンダーが今更届きました

いや、完全に懸賞に外れたと思っていたので、カレンダーが当たったのは素直に嬉しいですよ?

嬉しいんですけど・・・

遅いよ(´・ω・`)

もう2006年、半分近くの月を消化している為もう半分ほど無駄になってます。
いっそ、2006「年度」にしてくれれば良かったのになぁ…とか。

しかしやはり、サイズが大きいとカードの印象が随分変わりますね。
イラストが潰れてないので素敵極まりない。

やはりギャラリーモードが無いのは勿体無いですね。
全てのカードが現在の倍程度の解像度で見る事が出来るようであればゲーム性無視してカード買いそうです。

カード現物が買えればそれが一番良いのですけどねぇ…。

Category:Alteil

comment(0trackback(0

ファルガバード

2006/05/25/(Thu) 10:47

でっくすははいえるらーとをきりつけた! 
はいえるらーとはぶんれつした!

というわけで、なんか知らないうちにサーバーが増えたようで。
これでLvと言う目安もある程度機能しやすくなるか、という感じですね。
もう高くなったレベルは戻りませんけど。

まぁ新規が割りとマイルドに成長できる、というのは良いことではないでしょうか。
とはいっても、壁の大きさは変わないのでまた似たような問題が噴出する可能性はかなり高いのですが…、さすがにこれ以上の保護は不必要かなぁ。
というかこれ以上サーバー分けするのも人数的に無理でしょうし。
場合によっては、クレスト、ハイエルラートの制限を5ずつぐらい引き上げてもいいかもしれないですが。

というのも、やはり強い相手と当たらないと強くはなれないのですよ。
ファイル調整でも強い相手に何度もぶつからないと満足行く物が出来ないのと一緒で、強くなるには自分に何が足りていないか思い知らされる必要があるわけです。
まぁ、いままでの環境だと構築ファイルでフォルラートに向かえば何が足りないかを考える余地すらなく、「全否定」を食らっていたと思うので、差がありすぎてどうすれば良いか分からない、という状態が少しでも緩和されると良いですね。

今までフォルラート無理すぎ、サーバー分割しろと言っていた人達は多分、また「差がありすぎてどうすれば良いか分からない。もっとサーバー分割しろ」と言い出すでしょうけど。

続きを読む

Category:Alteil

comment(2trackback(0

GMカードイベント

2006/05/17/(Wed) 09:46

書こう書こうと思っていてずっと書いていなかったのですが、GMイベントに割と文句がありまして。

百歩譲って大会に参加するのは良いとして(それでも空気読んでくれ、とは思いますが。権限のある人間が大会に参加すると言うのは実際には問題が無いにしろ、心情的に嫌な物があります)、いい加減フォルラート以外のアリーナに行くのはやめた方がいいと思いますよ?>GM

いや、なんでかというとGMがフォルラート以外のサーバに行く、というのは露骨に不公平なのですよ。
この話を始めると「上級者の妬みワロスwwwwwww」とか言われそうで怖いのですが、割とワロスwwwwwで済まされないほどの不公平さだと思うのです。

割とすぐの追記
※そういえばGMが初心者サーバにいっている、という噂は良く聞くのですが、見たことが無いのでこのエントリは話半分、ということで(滅。

続きを読む

Category:Alteil

comment(2trackback(0

風邪が引かなくてめんどくさ

2006/05/12/(Fri) 05:00

マルチポストな宣伝がコメントをわざわざ読むとは通常考えにくいのであてつけにエントリで。

>サイバマンさん
いらっしゃいませ。
恐縮ではありますが、開口一番サイト宣伝、しかもマルチポスト、さらに情報提供の要請とは良い度胸ですね。

当サイトで公開したファイル、画像をウェブサイトで使用したいとの事でしたら、転載の際、作成者が私であると分かるよう表記していただければ問題ありません。
もともとここで公開しているファイルは、世間に広めるために公開しているファイルですし。

但し、貴サイトが「盗作サイト」というスタンスを取り続けられるのであれば私はそれ以上の協力、情報提供は出来ません。
盗作サイトという最悪なスタンスを取っているサイトに協力するつもりなどさらさらありません。

それと老婆心ながら、「盗作サイト」という他人の神経を逆撫でするような形を取るつもりであれば、他人の協力は期待しない方が良いと思います。
「貴方からファイル構成を勝手に盗んで自分の成果として公表します」と言っている人に好感を覚え、協力までしてくれる方はまず居ないでしょう。
今回の宣伝も「コンテンツ増加の協力を仰ぐもの」であり「情報公開の許可を得るもの」ではないようですし…いくらなんでも、他力本願過ぎると思いますよ。

個人的な感想としては、本人から許可を得ることが公開の前提であった某氏とは違い、他人から構築を盗み、無断で公開する事が前提となっているのはかなり悪質だと感じます。

普通、公表しないネタほどその人にとって価値があるので貴方のサイト方針は最悪としか言えません。
対戦で使ったネタを勝手に公表されても誰も文句は言えないのですが、心情的な問題で。

Category:未分類

comment(4trackback(0

猫とワインを持て!4

2006/05/04/(Thu) 02:49

さて、そろそろネタも尽きてきたので終幕も近い感じですが。

今更フェルアンが騒がれだすというのもおかしな話ですね。
ちょっと調べたところ黒猫ファイルは某氏が4月上旬に公開されて居たりするのですが、その時には微塵も問題視されていないようですし。

…やはり知名度の問題ですかね。

フェルアンがグリモア主体のファイルに劇的な効果を発揮するのは以前から知られているはずなのですが、今のプレイヤーはトッププレイヤーが情報を公開してくれないと強さが分からない人が多いのでしょうか。
古代王国の死体の王も似たような状況でしたが(フィミーリアデッキ以外で出すと驚かれた)…少しでも強力だと壊れ修正壊れ修正と馬鹿の一つ覚えのように騒ぎ出すのはもうなんかうんざりですね('A`)

とだけ言って終わるとただの煽りなので一応、解説だけしておきましょうか。
全部解説するのは面倒くさいので2chからコピペ。
つか騒がれてるのも2chですし。

>・レベル2で相手のグリモアを大量に落とせる強力な能力を持つ。
フェルアン自身に戦闘力は皆無なの無視してませんか。Lv2ユニットとしては非常に非力で、自身のグリモアを落とすデメリットまで持っているのですけど。
>・岩石兵、戦いを決めた妖精、ダゴン等ファイル破壊は消費sp1が基本だが、フェルアンは0である。
岩石兵は殴れる壁としての価値も有り、戦いを決めた妖精はゲームの中核を成すネームドカードを引き抜く。
ダゴンは夜限定ですがLv2HP40リビングは非常に優秀。大体ダゴンの場合は夜しか使えないグリモア破壊のコストが0ではなく1である方が不自然。
そしてそもそもこれらのユニットは自身のファイルに被害を与えない。
>・最初からグリモアを抜いておくことでファイル枚数で差をつけることができる。
むしろファルカウという神族の特性を考えた場合ファイルからグリモアを抜かざるを得ないと言った方が近いと思う。
「フェルアン」を出している手前展開力が劣るのに、相手は初手「あふれ出す魂」または「光の精霊」から全力で展開してくることになる。
そしてそもそも「フェルアン」をファイルに入れる事自体が戦力的に考えればデメリット。
たとえば相手のグリモアが「溢れ出す魂だけ」のような場合、フェルアンの戦闘力を考えれば戦力的には五分か、SSの爆発力を考えれば若干不利となることも考えられる。
>・幼き少女の霊EX、短弓の捜索者等サポートユニットはHP20が基本だが、フェルアンは30なので初手に置いても死ににくい。
スキルの強力さとの兼ね合いではないでしょうか。捜索者はAT20あるので精霊が落とせますし。
>・主力ユニットの攻撃そらし、ssトリガーとして機能する。
当たり前ですがそれは何もフェルアンだけじゃないでしょう('A`)
>・高AGIなので高い確率でアクションスキルが毎ターン使える。
ええ、使えますね(面倒くさくなった。

えーと、総合するとグリモアペインにSP消費付けて、その上でHP20AGI3にしてグリモアが必要なファイルでも何も考えず余裕でフェルアンを潰せる様にしろ、ということでしょうか。
何つーかアレですね、ふざけんな。

そもそもゲームの中核を成し、ファイルに絶対必要なユニットカードと違い、グリモアカードなんていうものは正直言って「0枚でも戦えるもの」であり、現環境でも「溢れ出す魂」以外は入っているかどうかが疑わしいレベルの物です。
そんな不確定な物を対象に取って居る上、自分もグリモアカードを使えないデメリットを背負っているのに簡単に弱体を叫べる神経が凄い。
戦いを決めた妖精はネームドカード限定かつSP消費1と効果が限定的ですが、フェルアンのグリモアペインと比べて威力が違いすぎるのは周知の事実。

フェルアンはアルィンドで殲滅後大突風であるとか、炎の竜巻連打のような、理不尽な負けを減らす程度の活躍しか出来ないと思いますよ。

ただし此処に火力が弱点という前提で壊れ気味になっている「ミスティア」「ラドル」のようなユニットが来ると思うと若干不安になりますが、実際戦ってみないことにはなんとも。
どちらかというとこの点に関してはフェルアンよりもこれらのユニットがおかしいのではないか、とも思えますが…まぁ実際問題があった場合は、SSにユーニEXやプリムローズを2枚程度仕込めば済む話です。

グリモアペイン叩くなら、フェルアンよりも魔法王国の魔法騎士叩く方が先だと思いますけどね、私は。

そんな刺々しい感じから、インサイドの話題です。

続きを読む

Category:Alteil

comment(1trackback(0

猫とワインを持て!3

2006/05/03/(Wed) 00:35

以前紹介した白ファイルが現状でも通用するのかテストしていたところ、わざわざ勝ち目を譲ってもらったにもかかわらず、4回も裏をかかれて敗北した芝草です。

毎回毎回こちらが安定行動すると自分が死ぬ選択肢を取られ続けて負けた(さらに言えば、4回中1回その裏をかいたのですが対応された(滅)というのは稀に見る大敗。
対戦相手が意図的にやってたかどうかは別として、この環境に入ってからファイル相性以外で完敗と言えるほどコテンパンに負けたのははじめてだったりしますよ('A`)

で、肝心の戦績はこちら↓。(画像クリックで大きいサイズの物が開きます)
(更新日が4/28になっているのは一度消した物を撮影用に再構築したからです。)

18勝2敗

今の環境だと死んでるのかと思ったら何だ、全然強いじゃないですか。

まぁトップランカーはミスしなければどのファイルにも負けない勝率9割超のファイルを使うでしょうし、勝てないファイルの存在する、事故率の高いファイルは眼中にも無いんでしょうね、きっと。

ただ、このファイルで中型~大型に当たったり時に思ったりするのですが、イクサーアタックばかりする事になるためSP差が広がりまくって仕方がない。
これが今小型が無理といわれてる要因の一つでしょうかねぇ。
単体でこちらを詰ませるカードが出てくる可能性が常に付きまとってきているわけですし、色々な状況を想定すればそりゃ無理だなぁ、と言いたくなる気持ちも分からなくも無いです。

ただこのゲーム、トレードなし、シングル販売なしでレアリティ5のカードが2BOXに1枚前後、使おうと思えばでそれが3枚必要という鬼のようなレート(レート、とは少し違いますか。でも言いたい事は伝わるはず)になっている為、極まったファイルが少ないというのが実情です。
ですからまぁ、相手が必ず最悪のファイルを構築しているとは考えないで、最初から諦めに入らず、最後まで戦い抜く事が重要だと思います。

ただし相手の構築に希望を丸投げするのではなく、最低限の対策は必要ですよ。
お忘れなく。

それではインサイドの話題。今回は除去SSを超える状況について。

続きを読む

Category:Alteil

comment(0trackback(0

猫とワインを持て!2

2006/05/01/(Mon) 18:09

ちょっと大会の話題。

外れシールドを引いたのはまだ良いのですが、ゴールデンタイムに黒歴史時代を髣髴とさせる待ち時間はいかがなものか。
というようなことを考えつつ、負け組みノルマの30戦をこなしました。
正直苦行でしかなかったのですが…いやー、つまらなさが酷いですね(というか、当たりのシールド引いて対戦相手に困らなかったアニバーサリーですら個人的には面白くなかったのですが。)
ゲームシステムが復活前提のため、シールド戦を想定して作られていないように見受みられるので、ある意味当然といえば当然とも言えますが…ねぇ。

運営側はユーザーがもっと楽しめるように大会ルールを練るべきでしょう。
少なくとも、ルールにもう少しバリエーションがほしい。
まぁ、商品授与システムを何度も変更する暴挙を行ってしまうほどのやっつけ仕事で実装してしまった以上、もう取り返しはつかないでしょうが。

それでは前回の続き、インサイドについてですね。

続きを読む

Category:Alteil

comment(2trackback(0


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。