Home  > スポンサー広告 > きょうはにがつじゅうごにちです > Alteil > きょうはにがつじゅうごにちです

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

きょうはにがつじゅうごにちです

2007/02/14(Wed) 23:30

十五日なんだってば!

まぁそのあたりのことは宮本の兄さんとかに任せることにして、スレッドテーマがなんとなくアルテイルなので久しぶりにそれっぽいことを書いて見る。
レート1600のロートルの言うことだから良い子は鵜呑みにすると痛い目見ると思うよ!
あ、後面倒くさいので上級者って言う表記が気に食わない人は「高レベル」とかに脳内変換するといいと思いました。

で、今回は初手~SS発動までの攻防について色々と。
きっと誰かが似たようなことをとっくにやってると思うけど気にしない。
そしてここを見てるようなコアな人はきっとそんなこと必要としてない。でもやる。

このゲームは詰め将棋のようだとよく言われているのは伊達じゃなくて、上級者のファイルって言うのは意外と型通りに作ってあったり。うっかり本道から外れると恐ろしく弱くなれるので当たり前といえば当たり前だけど。
相手を詰ませる段階は早い方がいいって事で、戦う前から勝負は始まってたりするわけですね。
なので、初動をよく見るとSSの傾向が見えることもあったりします。
「相手がAGI3以上で構成されていたら除去は魔楽器である可能性が高い」って言われますが、それ以外でも色々予測可能。
1枚目がLP1ならインサイド、除去、呪殺で3択みたいなもので予測するまでもないといったらそうなんだけど。

光の精霊のバッティングが一通り終わった後、出てきたユニットがLv3だったりするとイクサーアタックされても大丈夫なインサイドが第一候補。
ダメージSSで崩れてしまうユニットを使うのに、1枚目に除去だとイクサーアタックで頻繁に無効化されて困っちゃったりしたりするわけです。
そこで、ダメージSSの直撃をもらってもインサイドで足止めしてしまえば次の除去SSは保護できて、無駄な不利を背負う必要が無くなります。
除去に限らず、一部を除いたソウルスキルはイクサーアタックで発動させられるよりリムーブのタイミングで発動した方がアクションフェイズで有利になれるので、SSの保護には意外と大きい意味があったりなかったり。

ただ、このあたりはLP9になったりすると話は途端にややこしくなったりすることもあって、2枚目なんかにLP2が仕込まれてる場合は、数的有利を確保してトリガーを用意してそれを踏んでもらわないと展開速度でグダグダになったりする(ついでに今強いLP2のSSは数的有利の確保が前提になってたりする)ので、イクサーアタックされる事をある程度諦めて、除去で数的有利の確保に行かないといけなかったりするわけです。
ただ、除去の場合はAGI統制を取ってきていると思います。
流石にダメージSSNGのリスクを背負ってさらにデフォで暴発の可能性を持ってるのは色々やばそう。
まぁそもそも、LP9ならダメージで総崩れの不安が消えるLv4主体の中型で運用されると思いますし、小型でLP9とかはあまり考えないことに…たまには当たるも八卦当たらぬも八卦も良いかと。
主力ユニットが出た時点で相手には結果が見えてるけど相手は当たるも八卦当たらぬも八卦どころのストレスではないですし。

Lv4以上がさっくり出てきた場合は恐らく除去。
「どの除去か」はユニットの特性で判断するのが良さげなんじゃないかなーと。
大雑把な目安はDF持ちor高HPが出てきたらヴァッサーで、それ以外はAGIで判断と言った所でしょう。大雑把にもほどがある。
相手のトリガーが前列に配置された場合は相手の除去条件にこちらのユニットのAGIなり何なりが合致しているか、呪殺であるかの可能性が高いです。
「対戦相手に積極的にトリガーを踏ませる意思がある」ということは、「SSを発動するには都合のいい状況」という事になるので…まぁ状況としては普通にイヤンな感じ。
優先順位が下がるって言うだけでインサイドも選択肢として普通にありえるので、インサイド読みなら待機して光精霊や魂で増やしたSPを持っていかれないようそのあたり要調整。

バッティング合戦で魂撃ってきたりして3枚目の光の精霊が通った場合はインサイド、もしくは呪殺の可能性が濃厚です。
自分で除去使ってたりする場合は炎の息が怖いので警戒する必要有りですが…ただ、上級者は相手のSSに左右される博打的な事はやらないような気がしますね…むしろ3枚目が通って怖いのは初心者かも。呪殺の可能性も考えれば炎の息はむしろ自爆の可能性があるので。
まぁ逆を言えば、その状況で上級者が息を撃ってきたら「魂無いのかなー?」って推測できたりします。
その場合は珍獣なり探求なり因幡が出てくると思うので、飛び道具は温存しておくといいかもしれません。
兎に角、イクサーアタック出来るような状況を相手から作った場合は「イクサーアタックされても困らないSSが控えている」と推測するのはかなり重要だと思います。
「裏かかれてるかも」と疑心暗鬼になる気持ちも分かりますが勝率80%とかが必要になるのに毎回裏をかいていたら体が持たないので相手が誘導しようとしている状況はそのまま受け取って大丈夫です。保証はしないけど。

で、もうちょっとだけ続きます。
何で攻略記事を書かなくなったか、需要があるのになぜ書かれないのかは体で理解しました。

テーマ:アルテイル ジャンル:オンラインゲーム

Category:Alteil

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。